家族信託の費用の相場は?

家族信託・民事信託

家族信託についてイメージが掴めたところで、気になるのは費用だと思います。
それでは、家族信託の手続きの流れに沿って、どのくらい費用が掛かるかをみていきたいと思います。

〈家族信託手続きの流れと費用 ※信託財産の価格が5,000万円の場合〉

家族信託の内容の確定

報酬:約50万円前後
実費:約2万円

家族信託手続きにおいて最も重要なのが、家族信託の内容の確定です。
信託財産は何か?(不動産?預貯金?)、受託者は誰にするのか?、信託が終了した場合、信託財産はどうするのか?などなど、決めなればならない内容が沢山あります。また信託財産は委託者の財産から切り離されてしまうので、内容の決定は慎重に行うことが求められます。
現状、家族信託を扱っている専門家はそれほど多くありませんから、事務所によって費用に幅がございます。
専門家に依頼する場合は、事前に費用を確認することが大切です。

信託契約書の作成

報酬:約3万円~約20万円
公証役場費用:約3~5万円

家族信託は、委託者と受託者との間で信託契約を締結する必要があります。
契約書は必ずしも公正証書による必要はありませんが、後々の揉め事を防ぐうえでも公証役場で公正証書によって契約書を作成することをお勧めします。
公正証書による場合、公証役場に手数料を支払う必要があります。

信託の登記

報酬:不動産1個につき、約10万円~20万円
登録免許税:不動産評価額×0.3%~0.4%

信託財産が不動産の場合、信託の登記が必要になります。
よって、家族信託の費用は、約80万円~100万円ほど掛かることになります。

80万円~100万円という費用はお手軽とは言いづらいかもしれませんが、家族信託をしておくことで金銭的、精神的な意味で受けられるメリットはそれ以上の価値になるかもしれません。
一度ご検討してみてはいかがでしょうか