話題の家族信託の仕組みとは?

家族信託・民事信託

最近よく聞かれるようになった「家族信託」という言葉。聞いたことはあるけど実際にどういうものか分からないという方が多いのではないでしょうか?
一言で言いますと、「信頼できる人に自分の財産の管理をお願いする」となります。財産の管理と聞くと一般的にすぐ思いつくのが“後見人”だと思いますが、後見制度とは違う新しい財産の管理の仕方が「家族信託」なのです。

後見制度と家族信託の違い

後見制度の特徴

  1. 認知症などご本人の判断能力が落ちた際に、法律に則ってご本人の財産を後見人が全て保全する
  2. 保全する財産はご本人の利益となるように管理される
  3. 財産の保全だけではなく、ご本人に必要な様々な手続きや契約を代行できるなど、取り扱える範囲が広い

家族信託の特徴

  1. 家族信託で預けた財産の管理は、認知症になっていなくとも、ご本人が信頼できる人に管理を依頼でき、その収益は自分が受け取ることができる
  2. ご本人が依頼したい範囲だけ決めて管理してもらうことができる
  3. そのあとに認知症になって後見人がついても、家族信託で預けた財産の管理はそのまま継続できる

このように後見契約よりも自由度の高い制度が家族信託になります。

例えば、後見契約は認知症にならなければ効果は出ず、また認知症になってしまったあとは後見人がご本人の財産をご本人のために使用するように管理します。一方、家族信託は認知症になる前から利用でき、認知症になったあとも、自身が依頼をした方にそのまま財産の管理をお願いできます。

  • 息子や娘達に自分の財産を管理してもらいたい
  • 認知症になっても不動産を売ったりするタイミングは決めたい

など、ご自身である程度コントロールしたいのであれば、家族信託を利用することも有効な手段の一つです。