家族信託と商事信託

家族信託・民事信託

「家族信託」という言葉は、ここ最近になってよく聞くようになった新しい言葉だと思います。
ただ、「信託」という言葉については聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
例えば、「信託」銀行とか。
この「信託」銀行が取り扱う信託に関するサービスは、「商事信託」といって、便宜上家族信託とは区別されています。
では、何が違うのでしょうか。

どちらも「信託」には違いはありません。
つまり、財産を信頼できる人もしくは信頼できる法人に信託する契約を結んで、信託を受けた(つまり「託された」)受託者はその財産を管理、運用または売買等を行います。そこで発生した利益は、信託契約で指定された者(受益者)に帰属することになります。

商事信託とは?

「商事信託」は文字通り「商事」つまりビジネスとして行う「信託」業務をさします。そのため、金融庁の免許を取得しなければ信託業務を行えません。

ビジネスですから、委託者は、受託者である「信託」銀行にそれなりの報酬を支払うことになります。(授受信託がまさにそれです)
また、商品としてパッケージングされているので、委託者のきめ細かな希望に必ずしも沿う内容の商品が存在しないかもしれません。

家族信託とは?

これに対して、「家族信託」は、受託者がお子様など信頼のおける親族であり、報酬発生が前提となりません。ビジネスとしてではなく、あくまで信頼できる親族(家族)として財産の管理等を行っていくからです。ですから、無報酬(報酬があるとしても高額でない)を想定していることがほとんどです。
また、契約内容も委託者と受託者とで自由に決められるので、委託者の希望を柔軟に反映することができます。

商事信託を活用する場面とは?

もっとも、信託をしようにも、信頼に足る受託者が身近にいないという方もおられると思います。
その場合には、信託銀行等の取り扱う「商事信託」の方が適切かもしれません。
受託者の受託事務の処理能力も信託銀行の方が高くなることが一般的かと思います。
このように、信託には「家族信託」だけでなく、「商事信託」もあり、ご自分のおかれた状況に応じてどちらがよいか、検討されるとよいと思います。