家族信託の相談はどこにすればいい?

家族信託・民事信託

みなさんは家族信託という言葉をご存知でしょうか。一言で表すと、自分の財産を信頼できる他のご家族の方などに託して管理や処分をしてもらうというものです。

この家族信託は、認知症になってしまったことにより、財産を動かせないなどのトラブルの回避方法の一つとして、または今後の相続がスムーズに進めることができる方法の一つとして知られ、徐々に利用されてきております。

では、家族信託を利用したいと思った際に、どこに相談すれば良いのでしょうか。

「信託」には二つの種類がある

「家族信託とは結局何なのか分からない。現金・預金の管理なのだから、銀行に相談しに行けば、何とかなるのではないか」と思う方も多いのではないのでしょうか。

実は、「信託」には、商事信託と民事信託の二つの種類があります。
商事信託は、信託銀行や信託会社などが受託者となり、財産を管理・運用するものです。
信託銀行などを受託者とした信託契約があり、相続が発生した際に葬儀費用や配偶者や子どもの生活資金として、預けた現金が支払われるものです。
一方、民事信託は、家族や信頼できる人が受託者となり、財産を管理・運用するものです。認知症対策などとして紹介されている家族信託はこの民事信託の一部なのです。

家族信託の相談はどこにすればよいか

家族信託は、現金や預金、不動産などの財産を身近な信頼できるご家族などにその管理や運用を託するものです。
そして誰が、どの財産を、どのように管理・運用するかをある程度柔軟に決めることができます。しかし、その幅広さ、柔軟さ故に、これから家族信託を利用したいが、何から手を付けてよいか、どう管理・運用してほしいのかまだ明確にできず、結局どこに相談していいかわからなくて不安な方もいると思われます。

家族信託など民事信託の活用が広がってきたのは、ここ数年のことで、そのため司法書士や税理士、弁護士などの士業資格を持っている人すべてが家族信託に精通しているとは限りません。
ですから信託財産をこれからどのように管理・運用していきたいかを考えるにあたって、その分野に精通している司法書士や税理士という専門家に相談するのが適切なのではないのでしょうか。

財産の生前対策や相続対策に精通した専門家に

財産管理の方策には、生前贈与や遺言、成年後見制度など様々なものがあります。
またそれに伴い、贈与税や相続税など様々な税金の問題も生じてきます。
ですから、家族信託を含む財産管理全般に精通した専門家に依頼すれば、これらを合わせて検討し考えてもらえるため、自分自身では分かっていなかった問題の洗い出しや、より良い家族信託、生前対策が見つかるかもしれません。
家族信託は前にも述べましたが、まだ士業資格を持っている人すべてが精通しているとはいえない分野です。

そのため、家族信託を利用したいと思った際には、財産の生前対策や相続対策に精通した司法書士や税理士などの専門職に相談されることをお勧めいたします。

弊社ベストファームには、生前対策や相続対策に精通した司法書士、税理士、行政書士がおり、家族信託の相談を受け付けておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。