カードゲームで学ぼう!「あやしい」サイトの「見分け方」

シニアの暮らし

先日、スマートフォンでニュースを読んでいると、突然画面に「警告!ウイルスに感染しています」というメッセージが出てきました。いきなりのことで私は驚き、怖くなって電源を切りました。けっして怪しげなサイトを見ていたわけではないのですが――。

こうしたネットトラブルについて、私たちシニア世代が学ぶためのカードゲーム形式の教材があるそうです。教材は静岡大学の塩田真吾准教授の研究室らが開発したもので、Webサイト(https://kasperskylabs.jp/activity/csr/senior/)から無料でダウンロードできます。

実際に私もやってみましたよ。教材は、インターネットでよくあるトラブルになりやすいシチュエーションが描かれたカードを「あやしいサイト」と「あやしくないサイト」に振り分けていき、その判断が正しいのかどうかをチェックして学べるようになっています。

私も実際に全8問の問題(基礎編の4問と上級編の4問)をやってみましたが、上級編では半分間違えてしまい、正解は6問でした(冷汗)。ダウンロードできる教材にはワークシートなどもついており、「あやしいサイト」を見極めるポイントなどが簡単に学べるようになっています。

サイトの「あやしい」を見極められる知識があれば、不要なトラブルに遭うことも少なくなることでしょう。