医療保険適用の訪問マッサージの利用者が増えています

シニアの暮らし

最近、医療保険が使える「訪問マッサージ」を利用する方が増えていると聞きました。

私の母も慢性的な肩こりや腰痛に悩んでいて、家でマッサージを受けさせてあげることができたらいいなと思っていましたが、受けられるものなのでしょうか?

 

医療保険適用の訪問マッサージについて知ろう!

調べてみると、医療保険適用の訪問マッサージを受ける場合は、医師の同意書が必要になるとのこと。

同意書があれば健康保険治療が認められるため、費用負担は1回数百円で済むそうです。

訪問マッサージは、主に脳血管疾患や骨折の後遺症、変形性関節症などによって起こる「筋まひ」「関節拘縮」といった症状の治療が対象となっています。訪問時は、施術師の手技を使ったマッサージのほか、ベッドや車いすから立ち上がる訓練などのリハビリメニューが行われます。

 

 

誰でも気軽にというわけではないのでご注意を!

当たり前かもしれませんが、保険診療のため一般的なマッサージとは異なり、誰でも気軽にというわけにはいかないようですね。訪問マッサージを受ける患者は、病後や退院後に身体機能が低下して、自力での通院が難しい状態の方が多く、また介護保険と併用できるため高齢者の利用が多くなっています。

要介護認定を受けられている方で、訪問マッサージを希望される場合は、ケアマネジャーさんに相談してみてください。状況に応じて、訪問マッサージではなく、はり・きゅうの施術を保険診療で受けられる場合もあるそうですよ。